スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予想出来ても笑うコピペ張ってけwww

引用元: 予想出来ても笑うコピペ張ってけwww

1: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)21:34:03 ID:Vnl7eox6e
生前悪い行いをした者は地獄に、
良い行いをした者は天国に、
中くらいの行いをした者は中国に行くという。




2: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)21:36:24 ID:DlaRh5L0i
小学生の頃、無茶をする奴がヒーローだった
給食でスイカが出ると、限界まで食う挑戦が始まり白い部分まで食ってた
最後は皮まで食った奴がヒーローになった
後日、給食に「ゆで卵」が出た。僕は今日こそヒーローになろうと思い
「俺は噛まないで飲み込むぜ!」と言って丸ごと飲み込んだ
しかし、そんなことは他のクラスメートも楽々クリアーして次のステップに進んだ
「俺は殻ごと食うぜ!」と言った奴が殻ごとバリバリ食い始めた
クラスの視線はそいつに集中し、今日のヒーローそいつに決まりかけた
だが、僕もこのまま引き下がれない。何かないか考えた
ゆで卵に付ける塩としてアジシオの瓶が数本用意されていたので
「俺なんて、このアジシオを一気しちゃうもんね!」と言って内蓋を外し、アジシオを一気に飲み込んだ
焼けるように喉が熱かったが、涙目になりながら牛乳で流し込んだ 苦しそうな僕の姿を見てクラスメートは賛辞を送った
そして僕は今日のヒーローになれた
しかし、5時間目の授業中に急に具合が悪くなってきた
ヒーローが保健室に行くのはまずいと思い必死に耐えたが限界だった
僕は机の上に吐いてしまった
そしたら先程食べたゆで卵が丸ごとゴロンと出てきた

その日から僕のあだ名は「ピッコロ」になった


4: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)21:38:17 ID:Vnl7eox6e
>>2
1行目でフフッってなったわww


3: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)21:38:15 ID:xyoxT83tj
116 名前:名無しさん :2014/04/29(火)08:01:44 ID:sFVLqOv3U
今の時間なら駅構内のカフェで通勤中のサラリーマンみながら
「この社畜めwww」と優越感にひたることが出来るだろ


117 名前:名無しさん :2014/04/29(火)08:03:27 ID:NNKxIhieT
今日休みじゃねw


118 名前:名無しさん :2014/04/29(火)08:05:33 ID:sFVLqOv3U
あ・・・今日は祝日か、俺が出勤だから忘れてた
社畜は俺だったwww


119 名前:名無しさん :2014/04/29(火)08:06:28 ID:k2VNQhSXZ
ぶーめらんww


5: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)21:39:36 ID:Vnl7eox6e
>>3予測出来ないだろこれww


6: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)21:43:17 ID:ah9J5QNoY
>>1初めて見たけどワロタwww


11: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)21:50:14 ID:tTWBIKxR1
819 :学生さんは名前がない:2008/05/01(木) 16:40:48 O
このスレで聞くのも恐縮なんですが、吉野家ってどういう注文システムなんですかお?( ^ω^)
松屋みたいに食券なんですかお?( ^ω^)
食べくらべしてみたいんだお( ^ω^)

821 :学生さんは名前がない:2008/05/01(木) 16:44:15 0>>819
お新香とサラダは食べ放題だお( ^ω^)
勝手に取って食べまくるといいお( ^ω^)

885 :学生さんは名前がない:2008/05/01(木) 20:48:15 0
>>821
てめえ、一生恨んでやる
あやうく 警察沙汰だ


13: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)21:54:00 ID:PJ3NBQtPn
さっきスーパーで買い物終えて外に出たら、駐輪場で厨房くらいのクソガキ3人組がバイクにまたがってんの。??
ムカついたから思いっきりにらみつけてやったら、それに気づいたガキの一人が??

ガキA「お、おい!おい!」??
ガキB「あァ?何だよ?・・・あ!す、すんません・・・。」??

とかマジびびりしてやんの??

俺「いや、別に良いけど。カッコイイだろ?このバイク。でもあんまりそういう事すんなよ?」??
ガキB「ハイ。すんません!」??

と言いながら俺は横に置いてある自分の自転車に乗って帰った。??
ガキ共唖然。


14: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)21:57:03 ID:Vnl7eox6e
>>13いいなコレwww


15: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)22:03:08 ID:tTWBIKxR1
お前らキーボードの「あ」見てみろ
















それは「ち」だよ馬鹿


16: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)22:07:23 ID:pwxNQkJ99
>>15
くっそwwww


18: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)22:19:25 ID:tTWBIKxR1
知り合いに「女ヶ沢」(メガさわ)という人がいる。
その上を行く「ギガ沢」なんていないだろうか、いるわけないじゃんw
なんて冗談を言い合っていた相手が、寺沢くんだった


21: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)22:35:03 ID:tTWBIKxR1
昔むかし受けた、先生手作りの理科のテスト。
「あなたは無人島に流れつきました。のどがかわきましたが海水は飲めません。
どうすれば水が飲めますか」
海水を熱して蒸気を冷やして水にする、
「蒸留」の手順を書けってことだった。
けど、その下に、
「大ヒント!リュックには以下のものが入っています。
試験管、ビーカー、アルコールランプ、(中略)、冷やす氷水」


「冷やす氷水とやらを飲む」と書いたら
「ゴメン」というコメントつきで丸だった。


27: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)22:47:12 ID:gwBaufJp9
長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて
「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」
と言い交わしていた。
しばらくして、婆さんが先に死んだ。
爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。
すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする
爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。
ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。
男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする

「じいさん、じいさん…」
男は答えた。
「はいはい、じいさんはここにいるよ」
最初のうちは答えていた。
けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。
「じいさん、じいさん…」
やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。
「うっせえ! じいさんはいねーよ!」
すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ


28: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)22:47:19 ID:gwBaufJp9
すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す
「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く
詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ
今晩も伝説のリリックが聴ける。ストリート生まれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだ
キャップを斜めに被りオーバーサイズのTシャツをきたじいさんがターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する
重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ
「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO! 
 違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO!
 (ドゥ~ン ドゥンドゥンドゥ~ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)
 年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事の時間!
 冷たい世間を生き抜き! パークゴルフで息抜き!
 どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI!
 SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」
じいさんのプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ。
まだ、俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージがばあさんの口から飛び出していく
本物のヒップホップが、ここにあるのだ。


37: 名無しさん@おーぷん
2014/05/28(水)09:40:23 ID:exrHHE1kx
>>27>>28これ笑っちゃうわwww


30: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)22:53:44 ID:Vnl7eox6e
>>28本物のヒップホップが、ここにあるのだ。
wwwwww


29: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)22:47:47 ID:muThSb0cj
今日、母親の財布から金パクろうと思って開けたら、
10年前の母の日に俺があげた肩たたき券が大事そうに入っていた。
俺は泣きながら2千円を抜き取った。


33: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)23:08:40 ID:Kd6xPhOM0
長い間わたしたちは見つめあっていた。まだお互いに
触れ合ってもいないのに あの人はしっとりと汗をかいていた。
あの人の吸い込まれるような青い目に見つめられると、
自分がほとんど裸でいることがひどく無防備に思われてくる。
あの人の故郷のあのヨーロッパの小さな国では、男の人は
みなこんなにたくま しいのだろうか、そんな思いに心を漂わせていると、
ふいに彼がこちらに手を 伸ばし、気がつくとわたしはそのがっしりした腕の中に抱きすくめられていた。
彼はわたしの耳元で激しくあえぎながら、いつもの性急さで
わたしの体を覆う たった一枚残された布切れに手を伸ばしてくる。いけない。
またいつものように 彼に主導権を握られてしまう。わたしは必死で抵抗するが、もう手遅れだった。
彼は腰を打ち付けるようにしてがぶり寄ると、わたしを土俵の外に押し出したのだった。


34: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)23:11:12 ID:iSq3YvTIX
>>33
良い感じの四コマになりそう


35: 名無しさん@おーぷん
2014/05/27(火)23:12:05 ID:Vnl7eox6e
>>33いいねぇwww


39: 名無しさん@おーぷん
2014/05/28(水)14:26:58 ID:tNaKJi17N
オッス!オラ悟空!
おめえ強っええなあ。
オラ、もっと弱い敵と戦いてえ。
腹減ったなあ。
家に金入れたくねえなあ。
朝起きたらウンコが札束にかわってねえかなあ。
カメハメ波ーッ!。
出ねえや。
筋斗雲ーッ。
来ねえ。


40: 名無しさん@おーぷん
2014/05/28(水)14:56:52 ID:hXTS8t5FM
>>39いいなww


41: 名無しさん@おーぷん
2014/05/28(水)15:18:39 ID:JRGBQIn7c
中学校に入学した頃、スラムダンクが大流行していた
もちろん僕も学年の半数以上の生徒と共に入部届けを出した
顧問もあまりの入部希望者の多さに困っていたが
「先生、バスケがしたいです」と三井バリに泣き出す奴が居たので
渋々ながらも全員の入部が認められた
しかし地元では一応、強豪校だったので練習も厳しく、次々と部員数は減っていった
だけど僕は根性でバスケを続けた
身体も大きくなり、地元じゃちょっとは名の知れた名センターとなった
そして3年になった時、キャプテンに指名された
僕は、これを機に髪型を角刈りにし、ダンクを決める時は必ず「ウホッ!」って叫んだ
そんな努力の甲斐もむなしく、僕のあだ名は「ピッコロ」のまま


関連記事

◼︎おすすめ記事
[ 2014/06/07 ] ネタ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nbz334.blog.fc2.com/tb.php/589-d69c55a2














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。